· 

アルツハイマー病治療薬の開発秘話を紹介

<お知らせ>

 

 アルツハイマー病治療薬の開発秘話を紹介①

                         ~『elder report』記事情報        

   

 

 認知症の中でもっとも多いアルツハイマー型認知症。その進行を遅らせる「アリセプト」は、世界の医療現場で普及した初めての認知症治療薬です。

 その開発者である同志社大学生命医科学研究科の杉本八郎教授が、去る4月7日、経営支援NPOクラブの会員向け勉強会「NPOサロン」に招かれて、『アルツハイマー病治療薬開発の夢を追って』というテーマで講演しました。

 今回経営支援NPOクラブの協力を得て、杉本教授の講演を特別に弊社サイト「エルダー・スタイル」で再現します。全3回シリーズの1回目URLは下の通り。ぜひ、ご覧ください。

 

  ◎『elder report』~「認知症最前線~医療・ケア・介護の現場から」掲載URL

   http://officenakaoka.jp/blog-entry-68.html

 

  

 

                                  記事一覧ホームへ