2021年 年頭のごあいさつ

<お知らせ>

 

 2021年 年頭のごあいさつ        

  

 

 あけましておめでとうございます。

 まずは年頭にあたり、新型コロナウイルスで甚大な被害・損害を被られているみなさまにお見舞い申し上げるとともに、日夜ご尽力をいただいている医療関係のみなさま、物流関係等のみなさまに心から感謝を申し上げます。

 
 昨年は思いがけない新型コロナ禍に弊社も翻弄され、年間スケジュールの大幅な変更を迫られたことから、弊社が管理運営する「エルダー・スタイル」の更新に大きな影響が及ぶ1年となりました。新年を迎えてからも感染拡大は依然として留まる様子はなく、見通しは未だ不透明な状況です。緊急事態宣言も発令される方向で、まだしばらく不規則な業務が強いられそうです。 
 
 新型コロナの蔓延で人と人の接触が制限され、私たちの行動や価値観などは一変しました。
 これにより失ったものは多くありますが、一方でテレワークなど時間・場所を選ばないワークスタイルや、ロボティクスによる自動化・スマート化、AI・データ活用による効率化・省力化が進展するなど社会に歴史的な大転換をもたらしています。
 こうしたパラダイムシフトは、特に弊社サイト「エルダー・スタイル」が焦点をあてるシニアのライフスタイルにこそ多大な影響を及ぼし、今後、劇的な変化が顕著に現れてくることはまず間違いないでしょう。その潮目を逃さず捉え、同サイトでつぶさにレポートしていければと考えています。
 
今年の干支は「辛丑」(かのとうし)「辛」「草木が枯れ、新しくなろうとしている状態」「丑」「種から芽が出ようとする状態」を意味するそうです。すなわち、前年にまいた種が芽を出す時期で、あせらず着実に物事を進めることが吉なのだとか。
たとえ歩みが遅くとも将来の成長を見据え、派手さより牛(丑)のような愚直さを心がけて、業務に取り組んでいく方針です。本年もどうぞ、よろしくお願い致します。
 末筆ながら、みなさまのご健勝を心よりお祈り申し上げます。

 

                                  記事一覧ホームへ