名医が考える「認知症」との向き合い方は?

<お知らせ>

 

 名医が考える「認知症」との向き合い方は?

                         ~『elder report』記事情報        

   

 

 65歳以上が総人口の28.4%を占める世界有数の長寿国、日本。高齢社会の進展に伴い、「認知症」はより身近な病気になってきました。これから劇的に増える認知症の人に対し、私たちはどう向き合っていけばいいのでしょうか? 認知症を予防する方法はあるのでしょうか?

 長年認知症の人とその家族に寄り添い、診療だけでなく、医師や介護職員の人材育成にも尽くし、昨年5月には日本認知症ケア学会・読売認知症ケア賞を受賞した本間 昭先生にお話を伺いました。特集記事のURLは下の通り。ぜひ、ご覧ください。

 

  ◎『elder report』~「認知症最前線~医療・ケア・介護の現場から」掲載URL

   http://officenakaoka.jp/blog-entry-44.html

 

  

 

                                  記事一覧ホームへ