“モノ”を届け心通うボランティアを

<お知らせ>

 

 “モノ”を届け心通うボランティアを 『elder style』記事情報        

  

 

 運送や配送の隙間を活用した“スローまとめ配送”で、貧困や恒常的なモノ不足、災害復興などの中で、困難な状況にある子どもたちが必要とするモノを急がず、ゆっくり届けている特定非営利活動法人「プラネットカナール」。トラックや保管場所、システム・配送サービスなどを協賛企業から無償提供してもらうことで、費用をかけずにボランティアを推進しています。

現在、特に力を入れているのが児童養護施設を巣立つ卒園者への支援。一人暮らし用の家電・家具を必要としなくなった人たちから集め、それを必要とする若者たちに届け贈っています。

将来、コンテナ船の空き隙間スペースを活用し、世界の子どもたちに学用品などを届ける構想も描くプラネットカナール。今回は同NPOの発足経緯や事業内容、今後の展望などレポートします。URLは下の通り。ぜひ、ご覧ください。

 

 

  ◎『elder style』(レポート)~「“モノ”を届け心通うボランティアを」掲載URL

   http://officenakaoka.jp/blog-entry-30.html

 

  

 

                                  記事一覧ホームへ