世界各国で被爆体験を証言

<お知らせ>

 

 世界各国で被爆体験を証言 『elder style』記事情報        

  

 

 腹話術の人形「あっちゃん」と原爆体験を証言する小谷孝子さん(80歳)の特集の最終回。

 千葉県庁での被爆証言を初めてコンビで挑戦した小谷さんとあっちゃん。その様子がテレビ・新聞で報道され、広く知られるようになっては依頼が格段に増加、活動範囲も地元八千代市から県内各地へ拡大しました。

 戦後70年の節目には非政府組織(NGO)「ピースボート」の船に乗り、世界各国を巡って証言。帰国すると、活躍の場はさらに都内、全国各地へと広がっていきます。

 そして2017年12月、ピースボートが国際運営団体を務める「ICAN」がノーベル平和賞を受賞した際は、小谷さんもそれを祝うツアーに参加してノルウェーへ。

 最終回は世界の放射能被害者と交流して感じたこと、被爆証言を通じて子どもたちに伝えたい思いなどを語っていただきます。

<全3回/最終回>

 

 

  ◎『elder style』~第23回「語り継ぐ戦争<原爆③>」掲載URL

   http://officenakaoka.jp/blog-entry-23.html

 

  

 

                                  記事一覧ホームへ