神楽坂・毘沙門前の花屋さん

<お知らせ>

 

 神楽坂・毘沙門前の花屋さん 『elder style』記事情報     

   

  

 花柳界の面影を残す粋な大人の街「神楽坂」。そんな風情漂う花街の顔ともいえるのが、朱塗りの門でお馴染みの毘沙門天・善國寺です。その門前でいつも慎ましく、ささやかな彩りを街に添えていた露店の花屋さん夫婦がいたことをご存知ですか?

 テレビ、新聞、雑誌などで神楽坂が取り上げられるたびに、必ずといっていいほど撮影される毘沙門天。それとセットで写りこむ花屋さんの姿は、いつしか街にすっかり溶け込み、石畳や路地裏とともに神楽坂の日常風景として長く愛され続けてきました。

 その花屋さん夫婦が今年7月、高齢を理由に突然引退を宣言。街に衝撃が走ります。

 「親しんできた神楽坂の風景が失われる!」

 名残を惜しみつつ、花屋さんと最後の交流を楽しむ神楽坂の人たち。その姿を花屋さん閉店の日まで追いました。変化に直面し、戸惑いつつもそれを受け入れ、先をみつめる人と街。興味を持った方は方は下のURLをクリック! ぜひ、ご覧ください。

  ◎『elder style』~第13回「神楽坂・毘沙門前の花屋さん」掲載URL

   http://officenakaoka.jp/blog-entry-13.html

 

  

 

                                  記事一覧ホームへ